Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

読んだ漫画

どう低く見積もっても天才。すべての作品が面白くて、しかも表現が斬新。オカルトもので本当に怖かったのはこの作品と押切蓮介の「ゆうやみ特攻隊」ぐらいだ。

いつの間にか6巻まで出てた。どうやって決着つけるんだ?と予測すらできない対決ばかり。陰陽トーナメント優勝決定まで15試合+田島彬戦で16試合。現在2試合目だからあと14試合か…何年かかる?あとは頼むから休載してくれるなよと。

湾岸戦争のときだったか、モニタ中央の十字マークにピンポイントでミサイルが命中し建物が破壊される映像が中継された。戦争がゲームみたいになったと散々言われたものだったが、この漫画は逆だ。ゲームから本物の戦争へ。仮想と現実の壁は意外と薄いのかもしれない。

その他いろいろ。合計21冊ぶっ続けに読んだら5〜6時間経ってた。

三年放置

してたわけだ。もう一度原点に戻る。本当は攻殻機動隊に出てくる外部記憶装置みたいなことをやりたかったハズなのだ。いつの間にか愚痴ばかり増えてどうしようもなくなってしまったが、これはこれで自分の輪郭を辿ることはできるのでアリ…なのか?まあいい。再開する。

ようやくドグラ・マグラを読み終えた

「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす、と称されている」
さてオレも頭がおかしくなるだろうか。

96時間観た

父の愛強し。こういう映画を観ると子どもが欲しいなと思う。

誰のための憲法なのか

f:id:soh506:20130201230252j:plain
誰のために国が憲法を守らないといけないのか?日本国民のため、確かにその通り。が、その答えは半分しか合ってない。完璧な答えは、日本国民プラスその子孫のために、である。果たして今の政治は子孫のためになってんの?どうなのよ?と思うわ。

禁煙2ヶ月まだ継続中


意地になってるからねぇ。iPad mini まであと2400円ほど。でもここまで来たらRetina化されるまで待ったほうがいい気もするんだよな。つい先日iPad4の128G出たばっかりだし、iPhone5SだiPad5だの噂も出始めたし。欲しいときが買いどきというのは重々承知している。ただそろそろ新しもの好きで新製品ごとに追いかける癖を治さないとお金がかさむばかりだ。電話代のことを考えると一番コストパフォーマンスが良さそうなのは、ガラケー+iPad mini cellular版の組み合せ、のように思える。今さらガラケー売っているのか知らないけれど。