Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

日本国憲法が面白く感じる日が来るなんて

年取るにつれて嗜好が変わるのはよくあること。食いもんだったら脂っこいものからあっさりしたものへとか、音楽もガンガン系からしっとり系へとか、ある。読書も学生時代にはよくわからない、面白くない、つまんない、と思っていたものが大人になると急にわかったりしてな。が、まさか日本国憲法を面白く感じるとは思わなかった。ちょっと新たな回路が開かれたか?

そう感じるようになった伏線というか予兆はあった。


このマンガに出てくる清く正しくたくましく生きる女子高生、久未十和子(くまとわこ)の台詞「憲法第14条 すべて国民は法の下に平等であって人種心情性別社会的身分又は門地により政治的経済的又は社会的関係において差別されない ヤクザがなんぼのもんか」コレに惚れる。


独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)


今ある憲法や法律をそのままに独立国家をつくった坂口恭平。「だから、僕は言うのだ。社会システムや法律や土地所有や建築や都市計画を変えようとするな、と。何かを変えようとする行動は、もうすでに自分が匿名化したレイヤーに取り込まれていることを意味する。そうではなく、既存のモノに含まれている多層なレイヤーを認識し、拡げるのだ。チェンジじゃなくてエクスパンド。それがレイヤー革命だ。」なるほど、憲法や法律はこうやって読んでいくんだ、と学ぶ。


日本国憲法

日本国憲法


Kindle日本国憲法が無料Top100の第8位(1/30現在)。なぜベスト10入りしているのか謎。やはり日本という国に危機を感じているのか。改憲騒動もずっと続いているし。ダウンロードする。

で、あらためて読んでみて感じたこと。ひとつひとつの言葉をじっくり読み込むと味わい深いな。てんで無味乾燥だと感じていた学生時代、単なる字面しか知らなかったんだな、と。この憲法にどんだけの物語が隠れているかも知らなかったし、これから新たに自分でどれだけ物語をつくれるかにもワクワクする。折に触れ書き散らかそうと思う。