Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

プログラムの勉強は短期間でががっとやるのをお勧めします

プログラムの勉強を再開している。長年にわたってちょこちょこ始めてはやめ始めてはやめ、自分には向いてないと思ったり、やっぱあれを実現してみたいから避けられないしやるかと意気込んだり、眠りこけた亀の歩み。まぁこういうしつこさも他のことならちっとはいいと思うが、プログラムの勉強に関しては一気にががっとやるのが一番で、私のような感じではダメダメなのであります。なぜか。

ソフトが進化して本に書いてあることと全然違う!!

本質は変わらないと思うのだが、環境が違い、方法が違うと、どれが何やら皆目見当がつかんのですよ。先に進まんのですよ。どこに何書いていいのやら、プログラム書いてる最中にコレ直せアレ直せって表示出るし、次から次へと新しいもん出すんじゃねーよ、アップデート早すぎだろうと思うわけで、脳みそ足りない。

これってやっぱりiBooks Author の出番で、ソフトが変化するたびにリビジョンが出て再配布、みたいな形が望ましいんじゃない?と思いまする。さてまた挫折気味だぞオイ。