Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

単純な行動原理


minicar music player.

すごく面白い動画。何となくこれを思い出した。

セル・オートマトン - Wikipedia
セル・オートマトン(英語:cellular automaton、略称:CA)とは、格子状のセルと単純な規則による、離散的計算モデルである。計算可能性理論、数学、物理学、複雑適応系、数理生物学、微小構造モデリングなどの研究で利用される。非常に単純化されたモデルであるが、生命現象、結晶の成長、乱流といった複雑な自然現象を模した、驚くほどに豊かな結果を与えてくれる。

「進行方向に障害物があったら止まる」そのルールひとつだけで、数集まるとこんなに多様な動きになる。人間社会も同様に、複雑に見えるけれども、実はたったひとつとは言わないまでも単純なルールというか法則で動いているんじゃないかと、想像するわけで。

ちょっと違うかもしれないが、3.11東日本大震災後の世界から賞賛されたあの日本人の自制心、忍耐強さ、規律正しさというのは、日本人の根っこにある、どんな本質というか精神性があったから可能だったのか、知りたい。ある単純な法則や行動原理、が綿々と受け継がれ根付いているからなんじゃないかと思うのだが。どうやってそれが生まれ、なぜ根付いたのか。民族性という言葉に還元して思考停止にしたくはない。なぜならアレがこれからの世界に必要なモノであるように思われるからだ。