Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

アナログ回帰

マイブーム(死語)が繰り返し繰り返しやって来る。ちょっと前まで「すべてをデジタルに!」と思ったりもしたが、今では「やっぱアナログだよねー」と再び原点回帰。クローズドなTwitterでログをとらなくても、チラ裏で読み返しもしないんだから手帳でいいやんとなる。

デジタルの、何となく味気なく心許ない感じは、すべてをデータにして保存すると目の前からポンと消えてしまうからなんだろう。逆にアナログの、自分の手で紙に刻みつける手応えや感触が返って記憶やら想いやら強く残る気がする。どうやら手がその感覚を欲しがっているし、なら自分の肉体の直感を信じる。

たぶん手で触れることができるモノに刻み込むことが、消えて無くなる泡のような思考に肉体を与えるみたいで、なんだか愛おしい。手帳に書いてるなら読み返すことも多いし。なので現在脱デジタル。