Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

お気に入り文具たち


ハードカバーじゃないとモレスキンじゃないと思っていた。好みはモレスキンの方眼ハードカバー。が、海外に行ったときに円高もあって安かったので試しにと横欄ソフトカバーを購入。使ってみると…悪くない。むしろ自分にはこっちのほうが合っているのかもしれない。ハードカバーは「オレはここにいるぜ!」みたいな自己主張の強いやつであったが、ソフトカバーはしなやかで「あなたにフィットしますわよ」みたいな謙虚なやつである。それぞれ男性的、女性的というか。
ぺんてる ノック式エナージェル05mm黒

ぺんてる ノック式エナージェル05mm黒


それに従って書きこむペンも変化。今まではぺんてるのエナージェルを使用。滑りが良くて書き心地抜群でここ半年ほどペンの主役の座を譲らなかった。ところが気まぐれで以前購入したものの使わず放置していた万年筆で書きこむと、これがまた妙にしっくりくる。以前はここまで気持良さを感じたことがなかったんだけどな。

万年筆はプラチナのプレジール。「1年間使用しなくても、さらっと書き出せる!!新キャップ構造の万年筆です。インク詰まりの心配御無用!!」の謳い文句通り、放置後もサラっと書き出せた。素晴らしい。しばらくはモレスキンソフトカバーと万年筆で書き込んでいくつもり。