Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

本に書き込みすると面白い

多読術 (ちくまプリマー新書)

多読術 (ちくまプリマー新書)


「本はノートである」とセイゴオ先生がおっしゃるので積極的に本に書き込みをするようになった。
f:id:soh506:20110703092133j:image:medium:left
パソコン本を読むと専門用語が鬼のように出てきてそれだけで嫌になることが多い。そのときはわからないことや気づいたことをコマ目に書き込んでおく。あまりにもわからなすぎて他の本にも手を出す。嫌になって放置する。いやいややっぱりと再び手に取り読みなおす。書き込みに出会う。昔の自分と対話する。他の本の知識も相まって意外と理解が進んでいたり、なんでもない言葉に引っかかってたんだなぁバッカで〜とニヤニヤしたり、ああそうかこう繋がっていくのかと新たな発見があったりと、結構オススメ。