Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

枕上がうまくいくためのコツ

枕上は自分の性に合っているみたい。今日で5日ほど続いていて、寝床でグダグダし、iPhone片手にダラダラ入力し、良い感じの手応えを得ている。徐々に自分のスタイルもできてきた。

コレは!と思える根多を捕まえるのに30分、というのが枕上時間の見積もり。それまでジョギング状態で入力、ようやく体が温まって思考が飛躍していくぜ!というのが30分後からという感じ。あまり急かされたくないので1時間はゆっくりゴロゴロしていたい。

根多の手応えあるなしは捕まえたときの直感。コレは!というのはアタマではなくカラダが反応してくれるからわかる。

Fasteverのダークがお好み。真っ黒の背景・白字が根多を浮かび上がらせる気がする。

思いついた根多毎にメモを分けたほうがいいのかと思ったが、今はひとつのメモにダラダラ書いていったほうがいいと感じている。メモを投稿してリセットする = 思いついたこともリセットされ勢いが消えてしまうように感じるから。それにひとつのメモだと意識の流れがそのまま記録に残るし、ジョイスっぽくて格好いいななんてな、ただのチラ裏なのは百も承知だ。でも枕上オススメ。