Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

馬上 枕上 厠上

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)


もうそろそろ本屋で平積みになって、東大京大生が入学したときに読む本!(うろ覚え)とかってPOPが貼られる季節。1986年発行だから20年以上も前なのに少しも色褪せず。情報のInputだOutputだと翻弄されがちな今だからこそ大切にしたい本。やっぱスゴイわこれ。

その昔、中国の欧陽脩という人が、文章を作るときに、すぐれた考えがよく浮かぶ三つの場所として、馬上、枕上、厠上をあげた。これが三上である。

ばじょう、ちんじょう、しじょう、という読み方。このうちの枕上は「朝、目をさましてから、起きあがるまでの時間」とのこと。これ今朝実践してみる。ダラダラと思いつくままに入力していたら、何か捕まえたらしく、ひとつの根多からググッと広がってきた。この助走からの跳躍!みたいな感じが面白かった。

しばらくこの本を種にOutputってどういうことなのかを追いかけてみたい。