Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

たのしいCocoaプログラミング L4からL7までの整理と復習その2

この本でアプリケーションの作り方は11段階になっていたけど、さらにまとめてみた。自分で整理することでようやく消化できて血肉になったか。以下まとめ図。
f:id:hesota:20101108021334p:image

  • 黄色い枠は準備段階と仕上げ段階としてひとまとめ。
  • 青い枠はビュー作成。
  • 赤い枠がいわゆるプログラミング作業。これを5と6、7と8、9と10、3つのペア(=3工程)にして分けた。

自分なりの解釈。プログラミングとは、コントローラが主人公であり、

  1. コントローラを作って
  2. つなげて
  3. 動き方教える

ということ。

そしてその3工程のペアを眺めてみると

  • 上段:クラスレベルでの作業
  • 下段:インスタンスレベルでの作業

になっていることがわかる。つまりクラスとインスタンスの往復運動を3回やれば簡単なアプリケーションができあがる。

いいまとめ方ができたかなと思うのですが、どうでしょう?