Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

MVC(モデル・ビュー・コントローラアーキテクチャ)を学ぶ

とりあえず再開。updateして壊れていじってボロボロになりながらも進められるところを進めていく。ちなみにこの本も買った。

ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド

ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド


これでまずiPhoneHello Worldを作ってみたが・・・うまくシュミレートできない。なぜだ!と叫びたくなるけど、これがプログラミングの常よね。本に書いてあるようにやっても、早速スペルミスでエラーが出るし、本に書いてないコトがバンバン起きるし、バージョンは相変わらず違うし、そのままうまくいくコト自体がありえないと自分に言い聞かせる。この本と今までやってきたCocoa本両方並行してやって行こう。で、Cocoa本で本日学んだこと。

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]


Lesson6 MVC モデル・ビュー・コントローラアーキテクチャ

Cocoaアプリケーションの基本的な構造をMVCという

  1. モデル・・・アプリケーションのデータを表すためのクラス
  2. ビュー・・・データの表示を担当
  3. コントローラアーキテクチャ・・・モデルとビューの両方にアクセスしてデータをやりとりするもの
  • ビューはCocoaが担当するからいじる必要なし
  • ビューとモデルは互いに独立している
  • アプリケーション特有の機能を受け持つのがコントローラ

アプリケーションを作る=モデルとコントローラのためのクラスをつくる。このコントローラクラスの実装がプログラミングの中心。

自分の立ち位置を知った感じ。こうやって見えてくるっていうのは面白いね。