Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

ひとりでは生きていけない

というのは恋とか愛とか結婚とかいうことだけではなく、もっと広い意味で。社員は自分ひとりだけで普段の仕事を切り盛りしてるんで、余計に感じること。自分の力なんてたかが知れてる。すべての業務をこなすことは無理。誰かの助けがあってなんとかなる。そんな意味もある。そして相手がいて自分の足りなさや甘さを知ったり、責任持ってやらなきゃなと思ったりもする。他人は鏡、そんな意味もある。自分が成長してるのか全然わかんないし、なんだかすごく狭い世界に閉じこもっているようで、だんだん色んなものが見えなくなってきているんじゃないかと不安がある。今の自分をぶっ壊して、も一度つくりあげることが必要なんじゃないか?