Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

路地裏

日和も良かったから、遠出して或る街まで行ってきたのだけれど、一番心に響いたのは綺麗な景色でも、古い街並みでも、資料館でもなく、路地裏なのであった。路地裏はいい。見かけると心かきたてられて踏み入れずにはいられない。此処ではない何処かへ連れてってくれる気がする。行く先も見えず、この一本道を辿って行くしかないのだが、どうしてこうも可能性に満ちている気がするのだろう。まだ見ぬ世界へ。知らないってすごく楽しいことだったんだと今さらながらに思い出した。