Bubbles in a pool

よどみに浮かぶうたかた

法ってなんなんですかね

アメリカ人ってやつはつくづく法が根っこに染み付いているらしい、と感心するのはダークナイトウォッチメンを観てからだ。ヒーローがばったばったと悪人をなぎ倒す様を見て、拍手喝さいを送る一方で、何の権限も与えられていない"一市民"が警察まがいのことをやってんのは拙いんじゃないの?法に反しているんじゃないの?と糾弾する視点を忘れていない。日本の漫画やアニメでは、少なくとも自分が知る限り正義の味方やヒーローが法の下に裁かれるといった作品やパロディや同人誌は読んだことがない。正義の味方だからという免罪符で、何をしようがお咎めナシ、無限の信頼を置いてどんな行為でさえも正当化し、あぁ良かった良かった、これで地球の平和は守られたと有無を言わせないというのは、社会として極めて不健全なことなのかもしれん。
赤信号みんなで渡れば怖くない」っと日本人の心性を喝破したのはビートたけしだったけれど、守るべき掟はその場のノリと雰囲気で恣意的に決まっちゃう、この日本という国柄では、これから始まる裁判員制度というのは結構危ういんじゃないかと。裁判員になってから初めて法というものを意識し、根付いていくのかねぇ?